情報を提供することで稼ぐとは・・・

  1. Home
  2. 情報を提供することで稼ぐとは・・・

2012-11-19 21:28:38

カテゴリー:つぶやき

こんばんは、遠藤です。


このメールを読んでいるあなたは
アフィリエイターだと思うので、

今日はアフィリエイターとは?について
話をしたいと思います。


いきなり、なんやねん。。と思ったかも分かりませんが
まー最後まで読んでくださいな。


まず、何でこんな話をしようかと思ったかといえば、


私に来る質問を読んでいると、
勘違いしているかも?と思った事が何度かあったためですね。


で、何の勘違い?かというと、


まず、アフィリエイターには、
大きく分けて2種類の人間がいると言う事です。


それは、

A.情報を提供することで稼ぐ人
B.価値を提供することで稼ぐ人

この2つです。


もともとアフィリエイトと言えば、
ブログやサイトに広告を貼って、

それがクリックされたり、購入されたりすることで
報酬を得るというのが一般的です。


そのため、全くアフィリエイトをやった事がない人が
アフィリエイトとは?と聞かれたら、

ほとんどの人がAを思い浮かべますね。


また、少しだけアフィリエイトをかじった事がある人は
メルマガアフィリもAと思っている人が
多い印象があります。



で、ここで考えないといけないのが、
あなたが、Aを目指すべきかどうか?という事です。


先に、答えを言ってしまいますが、「No」です。


一つずつ解説しますが、


まず、
ブログやサイトに広告を貼って・・・ですが、

これで稼ごうと思ったら、
自分のブログやサイトに人を集めて、
商品を紹介して、購入してもらう必要がありますよね。


ただこれって、Googleの1ページまたは2ページ目ぐらいに
作ったブログやサイトが表示されないと、全く勝負になりません。


また、やっとの思いで上位表示が出来たとしても、
そのサイトから購入するメリットがなければ、
サイトだけ訪れて、サヨナラ〜って終わりです。


要するに、どんなけ集客しても運任せになってしまうのです。


また、メルマガアフィリで情報提供をして・・・ですが、

全く稼げない事はありませんが、
これもまた、ほとんど稼げないでしょうね。


メルマガで情報のみで稼げる人は、
かなりの知名度、資金、読者を持っている人だけです。


要するに、今からメルマガを使って
情報の提供だけで稼ぐというのは、
実際問題、難しいと言う事です。


というのも、情報を提供し稼ぐというのは、
結局、それを欲しいと思っている人しか
購入してくれないワケです。


となると、みんながみんな、
情報を提供する事だけ考えると

需要と供給のバランス崩れ、結局、稼げる枠も
限られてくると言う事です。


ただ、まー、アフィリエイト業界を見渡すと
トップアフィリエイターの多くは、Aで派手に稼いでいるため
間違ってココを目指してしまう人もいるかもしれませんね。


ただ、このメールを読んだあなたは
ココを目指してはいけませんよ。


目指すべきは、
「B.価値を提供することで稼ぐ」です。


この話も今日しようかと思っていましたが、
ちょっと長くなったので、次回にしますね。



あ、そうそう。

補足しておかないと、
矛盾しとるやんけーと言われそうなので
伝えておくと、、、


今、私にメールやスカイプに相談されて来た方には
「下剋上」というトレンドアフィリで稼いでもらっています。


で、「下剋上」は今日のメールで言うところの
Aじゃないの?と思ったかもしれませんが、

それは「正解」です。
「下剋上」は情報を提供して稼ぐに分類されます。


では、なぜ「下剋上」を実践してもらっているかというと、
目的は2つあります。


1つ目は、アフィリエイトで稼げるという事を体感してもらう事。

2つ目は、「下剋上」でトレンドをマスターしたら、
それを外注化することで、半自動化が目指せるという事です。

ここまで到達すると、
自動で月10万円の報酬も可能になってくるという事です。

そして、積んだ経験をもとに、人に教えてもいいですし、
そのノウハウをメルマガで、価値ある情報として
発信してもいいですし、

なんせ、幅が広がるためです。


ということで、
まず、最初に何からやればいいの?っていう方には
「下剋上」をオススメしているワケですね。^^


やべ、更に長くなってしまった。。
ということで、今日はこの辺で。^^


本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
それでは、また(⌒∇⌒)ノ””

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)