価格=価値ではない

  1. Home
  2. 価格=価値ではない

2013-03-13 21:26:48

カテゴリー:つぶやき

こんばんは、遠藤です。



勘違いしてはいけないものに、

価格=価値

というものがあります。



これどういう事かというと、

ある塾の価格が30万円だったとします。


その時に、

「この塾は30万円もするので、
凄いノウハウを教えてもらえそう」


と考えるのは誤りなんです。




要するに、30万円の価格がするものは、

30万円の価値があると思考停止するのは

ナンセンスだということですね。





販売者が価格を決める上で考えるのは

大きく分けて、以下3点の何れかです。



・Total○○の売り上げを達成するために価格を決定

・ターゲットに応じて価格を決定
 (ターゲットが上級者にしたいなら高めに設定など)
 
・リスト集めのために価格を決定
 (激安にしておいて、購入者を増やす(リストを増やす))



これからも分かるように、

その教材の本来の価値を度外視して、

価格が決めらる場合が多くあります。




なので、3万円の教材と5万円の教材が2つあった場合、

5万円の教材の方が価値がある。というのは、

必ずしもそうでないということですね。



で、

別に価格と価値は比例していないので、

気を付けましょう。



と言いたいワケではなく、




言いたいのはその逆で、価値を見出しましょう。

ということです。




先の例にもあったように、

人間というのは、

30万円だったら30万円の価値、

あるいはそれ相当の価値があると

思ってしまう生き物です。




ですが、価格が安いものでも、

かなりの価値があり、

かなりの気付きを得る事が出来るものは

多くあります。




無料オファーも、

あれをバックエンドに塾が控えているもの。

という側面だけで見てしまうと、

そこで思考停止してしまうんですね。




なので、どんなものでも、

いろんな側面(視点)から見て、

価値を見出して行く事が大事だと思うワケです。




正直、これが出来るようになると、

自分自身のビジネス力が上がるだけでなく、

誰かにその価値を教える事で、

いろいろなモノを生み出してくれるようになります。




ということで、有料であれ、無料であれ、

その価格に引きずられることなく、

価格以上の価値を見出しましょう。


というお話でした。



本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
それでは、また(⌒∇⌒)ノ””

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)