1. Home
  2. オススメ本

【現代広告の心理技術101】

・売れる商品と売れない商品の違いは何か?
・ヒットする広告と失敗に終わる広告の違いは何か?
・ライバルの商品が売れて自分の商品が売れない理由は何か?
・そもそも反応の取れる広告とは何か?
・どうすればお客は行動を起こすのか?

このような事に興味があるなら、この本はオススメです^^
また、↓のリンクから購入された方は、この本を読むのには欠かせない『活動ガイド』をプレゼントするので、購入後、ご連絡ください。^^

⇒ 購入はこちら(活用ガイド付き)



【クビでも年収1億円】

「クビでも年収1億円」というタイトルのため、クビになったサラリーマンがどのようにして成功したのか。
このような軌跡が綴られた本と一見思ってしまいますが、実際のところは、そんな浅い内容ではありませんでした。

現在の日本社会や企業体質を小玉さんの実体験によりリアリティにか書かれており、とても勉強になる1冊です。
また、このまま何も行動せずに生活していけば、今後、私たちの生活はどうなってしまうのか?を考える絶好の機会を与えてくれます。
サラリーマンは必見です!!

⇒ 購入はこちら



【あなたの会社が90日で儲かる】 

神田昌典さんの代表作でもあるこの「~あなたの会社が90日で儲かる~」マーケティング、営業に関して考えを改めさせてくれる1冊です。





この本は、セールスマンに見られがちな間違った営業方法・マーケティング方法をずばり指摘し、本当にお客様から気に入られるセールスマンになるにはどうすればいいか、どのような人間の感情に訴えかければ商品が売れるのかを著者の実体験から体系的に書かれている1冊です。
ちなみにこの本は通称「ピンク本」と呼ばれています。
続編の「ブルー本」もありますが、この「ピンク本」だけで原理原則は学べます。

⇒ 購入はこちら



【神話の法則】

この本は、人間が求めているストーリーを作るのに最適の公式を学ぶ事が出来ます。





共感できるストーリには、実はある法則があることを存知でしょうか。
そして、ほとんどの有名な神話、おとぎ話、物語、映画などは、この公式にそって作られています。
たとえば、有名な映画では、「E.T.」・「タイタニック」・「ライオンキング」・「スターウォーズ」・「千と千尋の神隠し」・「風の谷のナウシカ」などはこの法則にのってつくられています。
では、その公式とは?それを学べるのがこの『神話の法則』です。

一見、ビジネスに関係ないような内容と思うかも知れませんが、人が共感できるストーリを学ぶということにより、共感をするストーリーを自分でつくれると言う事です。
今、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)が主流になってきおり、この共感をするストーリーで読み手の人の心を動かすと言う事は、とても重要な要素の1つであります。

⇒ 購入はこちら




【7つの習慣】

この本を読んでいない。という人は、もしかするといないかもしれませんが、この本を読まずして、ビジネスの成功は不可能であるため、一応ご紹介しておきます。^^




多くの人は、「私的成功」の前に「公的成功」を目指します。
どういう事かと言うと、自分の力が不十分にも関わらず、人と組んで成功を目指そうとします。
結局、成功していないものが集まっても、ただの慰めあいにしかならない。という事が気付かずに・・・。

なので、まだ、自分自身が成功していないと思うのであれば、この本の「第1の習慣」~「第3の習慣」(言わば『私的成功』)を繰り返し読んでみる事をオススメします。

⇒ 購入はこちら

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)