一文無しのAさん

2015-04-05 00:21:12

カテゴリー:つぶやき

こんにちは、遠藤です。


先週からずっと体調を崩し、、
マジで有給が残1日となったワケですが、、

4/1で有給復活したぜーー。

と、サラリーマン的な少しの喜び噛み締めつつ、
全く関係の無い話をお届けします。。


題して、一文無しのAさん


あなたが10万円稼げるノウハウを持っていたとして、、
このノウハウを10万円で売る事が出来ます。

そんな状況下において一文無しのAさんがいました。。


さて、、、問題ですw


このノウハウを一文無しのAさんに10万円で売りますか?

それとも割引価格で5万円で売りますか??

それともそれとも出世払いとして売りますか?

それともそれとも売りませんか???

更には無料であげますか???



で、、


このようなお金を持っていない方に
セールスするケースはよくあるワケでして、

でもって、直面した際には多くの方が一度は考えてしまう
内容だったりします。


てなワケで真面目に考えないとアカンというワケですが、

実はこれに関する解は1つしかありません。。



それは、煽ってでも売れ!。

これのみになります。



で、分かやすいか分かりにくいか、、

いや、、、、、

もしかすると、
めちゃくちゃ分かりにくいかもしれませんが、

コレ系を考える上では、
面白いかなと思うモノがありましたので、

一部改編してお届けします。。。


===================

たとえば、世界に二人(A君とB君)しか人間がいない仮定し、

そして、1万円札が1枚だけあったとする。


この時点では、世界全体の富の合計金額は、

たったの1万円ということになる。



最初、A君が1万円札を持っており、

B君はそれが欲しかったので、


A君のために家を作ってあげて、

A君に1万円で売ってあげた。


その結果、今度はB君が1万円札の所有者となった。


A君の手からは1万円札が失われたが、代わりに家が残った。


この時点で世界全体の富の合計金額は2万円ということになります。
(1万円札+1万円相当の家)



次に、A君くんは、再び1万円札が欲しいと思い、

B君のために家を作ってあげてB君に1万円で売ってあげた。


その結果、今度はA君は1万円札と家の所有者となった。


B君の手からは1万円札が失われたが、代わりに家が残った。


この時点で世界全体の富の合計金額は3万円ということになります。
(1万円札+1万円相当の家が2軒)



こうして、A君とB君との間を1万円札が行ったり来たりするたびに、

A君とB君の手元には、様々な不動産や価値ある品物が増えていった。
(つまり世界全体の富の合計金額が増えていった)

(以下省略)


==========================

まー、、無理やり感は否めないですが、、
本質は突いていると思います。


要するに、あなたがお金を稼ごうと思えば思うほど、、

それに見合う価値を提供しているワケで、


結果として、多くの人を幸福に導いているということだったりします。


まー、物事はここまで単純ではないかも知れませんが、
原理原則はこの話の通りとするならば、

相手がお金が無いからセールスをしようかしまいか迷うのは、、
全く持ってナンセンスだということです。


でもって、別視点から考えた場合においても、

相手がお金を持っていないという理由だけで、
稼げる情報すらも伝えないのは逆に罪だと思います。


お金をもっていようがいまいが、
それを買う買わないを決めるのは、

あなたではなく、その人だからです。


なので、セールスすることに躊躇した時点で、
それは改めるべきですし、

何度も言いますが、セールスマンとしては
マジでセンスが無いと思いますよ。


ということで、

自分自身が「これは良い」と思ったものは、
躊躇せずにガンガン行きましょう!

でもって、これを常に意識して行動しましょう。

そうすることで、
少し違ったモノが見えてくると思いますよ。


的なお話でした。。
ではでは。


ps.
表では言えない情報はこちらで配信しています。
興味がある方はどうぞ。

⇒ 表では言えない情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント