坂田智康VS小玉歩 コンテンツ販売

  1. Home
  2. 坂田智康VS小玉歩 コンテンツ販売

2013-06-21 21:36:23

カテゴリー:坂田智康

こんにちは、遠藤です。



自分なりの解はありましたが、

以前より1つ坂田智康さんと小玉歩さんに

聞いてみたいなーと思っていた事がありました。




それは、坂田智康さんも小玉歩さんも

自分自身のコンテンツを

そんなに多く販売しないよな~。

何でかな~。ということです




いやいや、坂田智康さんなんて、

3~4ヵ月に1回はコンテンツを販売してるやーん。

と考える人もいるかもしれませんが、



私は3~4ヵ月に1回って多いですかね?と思います。




だって、坂田智康さん然り、小玉歩さん然り

その気になれば、2、3日に1個のペースで

コンテンツを作れると思うんですね。




なので、稼ぐという事に特化すれば、

2、3日に1回のペースだとは言わなくても

1ヵ月に1回のペースでコンテンツを販売すれば、

かなりの売り上げになると思うんです。




じゃー、何故それをやらないのか・・・。




このコトに関して、

先にも記載したとおり、自分なりの解はありましたが、

坂田智康さんと小玉歩さんに聞いてみたいなと思っていたんです。




で、この内容をまさに話されている音声が

小玉歩vs坂田智康 頂上決戦にありまして、

「やっぱりそうだよね。」と、思った次第です。





結局のところ、

コンテンツを頻繁に販売する事は可能ですが、

それだと「出た感」というのが段々薄れて来ますし、

それに伴い、読者の関心も徐々に減ってくるからなんですね。





で、ここで考えて欲しいのが、





これって、コンテンツ販売だけではないですよね?



アフィリエイトにもまさにコレと同じ事が言えると思います。



ただ、最近いろんな人を見ている限り、

毎日のように手を変え、品を変えっていう感じで、

アフィリをしている人が結構多い印象です。




これって、さっきの話を踏まえると・・・・。ですね。




ただ、そうは言っても

紹介したい商品が同時期に販売されたりすることもあるワケで、

そんな時どうすれば?というのが

1つの悩みの種だという人もいたりします。




ですが、これの解決方法は簡単で、

それは、オプトを取ってそこで紹介するという方法です。




要するに、紹介する商品に興味がある人を集めて、

興味がある人だけに販売するという考え方ですね。




これだと、売込みされているなー。

という心理は極限まで減らす事が出来ます。



だって、オファーを受けると分かっていて、

自分で登録しているワケですからね。




ということで、

話がコンテンツ販売から

アフィリエイトに移ってしまいましたが、




まー、どちらにせよ、



販売できるモノは販売する

紹介できるモノは紹介する



ではなく、



戦略を持ってやらんとダメだよね。

というお話でした。




ではでは、今日は以上です。^^


最後までお読み頂き、ありがとうございました~。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)