坂田智康、クビでも年収1億円(通称:クビ億)を読むの巻

  1. Home
  2. 坂田智康、クビでも年収1億円(通称:クビ億)を読むの巻

2013-06-22 22:41:36

カテゴリー:坂田智康

こんにちは、遠藤です。



小玉歩vs坂田智康 頂上決戦の音声を聞いて思ったんですが、

坂田智康さんは、ぜったーーいに、

クビでも年収1億円を読んでいるよね。

ということです。




しかも、流し読みじゃなくて、

おそらくシッカリと読んでいます。^^




は?それが何か?




と思う方もいると思いますが、

これって、実は結構レアだったりします。



というのも、まず↓をご覧ください。




「いや~去年からだけど、全く本読まなくなりまして

今、久しぶりにAmazonで買ったのですが気づいたら60冊くらいになってました。

で、このうち何冊を最後まで読むのか考えたのですが、

おそらく1~2冊くらいなんですね。」




これは、ある特別なところで坂田さんが呟いたものなんですが、




坂田智康さんっていう人は、本を読むというよりは、

本を購入するまでのプロセスでいろんな事を考え、

そこでのスパークに重きを置いている方なんです。




なので、滅多なコトが無い限り

本を買っても読まない人なんですね。



おそらくですが、

実際に読む本も、目次を見て何か感じたら読む程度で、

全頁を隅々まで読むなんてことはしないと思います。





ということで、

坂田智康さんは本をあまり読まないわけですが、



小玉歩さんとの対談音声で、

あ、それ読んでいないと、そのフレーズ出てこないよね。

という感じのものが時々あるので、


これは、絶対に「クビでも年収1億円(通称:クビ億)」を

読んでいるなーと思ったわけです。





でね、、、





別に、今日は坂田智康さんがクビ億を読んでいるよね。

ということが言いたいワケではないんです。



じゃー、何が言いたいかと言うと、

ビジネスにおいても何でもそうですが、



あなたにとって重要だと思っている人と、

会う時や、何かをする機会に恵まれた時に

その人の事をちゃんと「知る」と言う事をやっていますか?

ということです。




これって最低限の礼儀だと思うんですよね。




だって、誰かとJVをする際に、

その相手が出している本とか読んでません。


って、なんか人としてサブくないですか?


もし私が当事者だったら、コイツなんだよ。

と思ってしまいます。(私は心が狭いので^^)




ちなみにですが、

もし坂田智康さんが、クビ億を読んでいなくても、

おそらく小玉歩さんは、何とも思わなかったと思います。



それは、坂田智康さんと小玉歩さんの関係性もありますが、

小玉歩さん自体が、かなり心が広い方だからです。




おそらく、坂田智康さん自身も、クビ億を読まなくても

小玉歩さんは何とも思わないと考えていたと思いますが、



それでも、坂田智康さんはクビ億を読んでいた。

という心遣いが何とも、素敵だよねと思うんですね。



そもそも本を読まない人が読むと尚更ね。^^




ということで、

小玉歩vs坂田智康 頂上決戦では

メインの話ではありませんが、


こういうのって大事だよな~と思ったので

記事にしてみました。



最後までお読み頂き、ありがとうございました~。


ps.

これで、坂田智康さんが「クビ億」を読んでいなかったら・・・。

∑(; ̄□ ̄A アセアセ


このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)