坂田智康は究極に嫌だったんです

  1. Home
  2. 坂田智康は究極に嫌だったんです

2013-10-17 14:33:09

カテゴリー:坂田智康

こんにちは、遠藤です。



たまには、坂田語録をば。。


ある時、ある場所で、坂田智康氏はこう言いました。


=================================================

他の人は嫌な事が我慢できる程度の嫌だってだけです。

私は我慢できないくらいの嫌だってだけです。

刑務所入るのと起業をする二択なら99%は起業でしょうw

そんな感じです。

=================================================



これは、坂田さんがやりたくない仕事、、

要するにサラリーマン的な立場で行う仕事は

とても嫌なのである。


ということを坂田智康ならではの「言葉」で言うと

こうなったワケです。





でね、この文書は短いですがとても深いと思いますよ。





多くの人って、せっかく稼げる情報を購入しても

その8割の人は情報に触れるだけで満足してしまい、

何もやらんわけですね。







これ何でかと考えたら、



結局のところ、これも今の現状に満足しているのが

大きな要因の1つであると思います。



要するに、嫌だ嫌だとどれだけ口で言っても、

我慢できるレベルということなんです。







で、、、逆に言うと、、




我慢できないレベルに達した時、

もしくは

それ相当のやる気がある時、




必ず稼げるようになるということです。



kappa






だって、死ぬか、稼ぐか、


と言われたら、嫌でも稼ぐでしょ。



まーそんな感じ。




最後までお読み頂きありがとうございました。

それでは、また(⌒∇⌒)ノ””

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)